動画編集を始めたい人が選ぶべきパソコンのスペックと必要なスキル

動画編集
こんにちは、合同会社echo labの坂井大誠です。
今回は、これから動画編集者になりたい人に向けて、どんなパソコンを選ぶべきか、どれくらい学習すべきかなどを話していきます。
 
購入すべきパソコンのスペック
パソコンは、基本的に
・CPU
・メモリ
・ストレージ
が重要になってきます。加えてGPUといったところでしょうか。
 
まずCPUはCorei5以上がオススメです。
そしてCPUには、「Corei5-第○世代」があります。これは、4桁の最初の数字が世代の数字になります。なので、Corei5-7080だと、第7世代になるわけです。なので、Corei7でも世代が低いと性能は低いです。

結論としては、Corei5以上、かつ、世代は第7代以上がオススメです。
これくらいになると、パソコンは10万円以上のものが必要かと思われます。
 
次にメモリは、最低でも8GB以上がオススメです。
これが低いと書き出しに時間がかかりますし、とにかく動きが遅いです。16GBもあればPremiere Proは十分に動きます。
 
最後にストレージですが、最低でも256GBは欲しいです。512GBあれば十分です。
それでも足りない場合は、外付けHDD購入をオススメします。
 
私は今までMacbook Airの13インチの2017年版を使っていましたが、動画編集を始めてから、Macbook Pro16インチの2019年版を購入し、今でもフルに使っています。
 
学習すべき期間
動画編集自体のスキルは、独学でも有料の教材でもどちらでも構いません。

短くて3日から1ヶ月も勉強すれば、動画編集の基本的なやり方はわかります。
ここから、細かな動画編集の知識や情報などを身につけていくのですが、これは実際に案件をこなしたり、自分で撮影して実際に動画編集する経験を増やしていくべきです。

目安としましては、副業は月収5万円前後、本業だと月収20万円以上は目指すべき一つの壁かなと思います。
 
動画編集のほかに身につけたいスキル
動画編集だけできても他にもたくさんの編集者がいるので、価格競争でジリ貧です。
なので、差別化するために他のスキルも欲しいです。
・マーケティングスキル
・営業スキル
・YouTubeについての知識、スキル
・撮影スキル
 
などなど、自分の強みで活かせる部分と、加えて学ぶべきスキルがあると思うので、インプットとアウトプットを増やして学んでいきましょう。
 
まとめ
このやり方を独学で進めた結果、僕は1年半で会社を起業するところまで行きました。
これから動画編集したい人は、ぜひ応援してます!
 

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

カレンダー

2022/9
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

タグは未登録です

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です